初期段階のケア

認知症に親がなった時、子供は出来ればいっしょに暮して支えたいと思うものです。
ですが、どのように介護をすれば良いのか悩むことも多くなります。

 

 

では、親と同居して認知症の初期段階のケアを続けるにはどのようにすればいいのでしょうか?
認知症の初期段階のケアとして大事なのは、これまでの生活を出来るだけ続ける工夫をすることが大切です。

 

 

良く親が認知症になると、何から何まで介護者が世話をしようとしてしまうことがありますが、これでは本人のプライドや誇りを奪ってしまうことにもなり、無気力にしてしまいます。
その為、過保護にしたり、教えて教育的に接するのも良いとは言えません。

 

 

介護するうえで大切なのは、本人がしたいことをする手助けをするという考え方が最も良いと思います。
例えば料理を作る時、家族がさりげなく横にいて上手くいかないときに手助けをして、料理が完成するようにフォーローをします。
出来るだけ、これまで通りの生活を送るようにすることで、認知症の進行も遅らせることに繋がります。

 

 

ですが、認知症はとても手ごわい病気です。
介護するご家族の方の心労が積み重なり病気で倒れないとは限りません。
その為、親と介護するご家族の方のどちらもが穏やかに幸せに暮らせる為に、病気の理解と体、心の気配り、改善法を知って無理のない介護・ケアをするようにしましょう。

 

 

認知症・ボケ・物忘れを薬や通院することなく17歳若返るまで脳を回復させ、介護が楽になる簡単な自宅改善法!

 

老人脳ゼロ』の詳細を見てみる